KORNBORD BLOG

東京・九段の輸入食品ショップ+イートイン『KornBord(コルンボード)』のブログ。

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

コルンボード便り Dec 2015 

2015.12.01

kb_237.jpg


11月の4週目、コルンボードを展示会場としてご利用頂くチャンスを頂きました。

デザイナーの方によって装飾された店内は、

天然素材を打ち出した「和雑貨」の展示会に相応しいステキな空間になりました。

kb_238.jpg

kb_239.jpg


* 織物や石鹸などの藍染製品は香川県から。藍の葉が紡ぐブルーは自然を身体に纏う感じです。


* 蚊帳の素材を用いた洋服や布巾、バッグなどは奈良県の品。蚊帳布(麻)の伝統が現在に蘇り生活の中に自然の息吹を与えてくれてます。


* クスノキの効能を生かした防虫効果のある白木の積み木のような木片は、ドレッサー内をおしゃれに守り、液体クリーナーも主婦のみかた。昔、ショウノウとかナフタリンと呼ばれた衣類を守るクスノキの成分が。現在のライフスタイルに合う製品として佐賀県から届けられています。

* 和紙で仕上げた、ペーパータオルの上をいくスグレモノ。魚、肉、野菜、自然産品の新鮮さをキープしてくれます。洗い直して何度か再利用でき、最後はガス代の油汚れや網戸を拭いて捨てて下さい。使い勝手に申し分のない高知県の製品です。



kb_240.jpg

可憐な藍の花。摘み取り後一ヶ月ほど自然乾燥させたもの。

藍色の葉は枯葉色にはならないそうです。藍の威力を感じます。



この展示会の主催者である株式会社グリーンオーナーズ会議さんは

地方の優れた製品を見出し、地方再生にも力を貸されておいでです。

生産者の方からの信頼も厚く、スタッフの皆さんの意気込みを感じさせて頂きました。



kb_241.jpg

当方の商品もひとコーナーを頂き陳列させて頂きました。



  *.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.



kb_242.jpg

コルンボードのフェンスに置いた月桂樹。

頼りなさげな細い根付きの幹を鉢に植えて4年程は経ったでしょうか。

葉をちぎるとそれは良い香りがします。

ちぎった葉は捨てたりしません。

そのままネットに入れて自然乾燥させれば立派なローリエに…。

コルンボードのメニューのひとつラタトゥイユ作りに役立っています。


「この木は何?」と尋ねられたら、葉っぱをちぎって香って頂きます。

スパイシーでもなく、スッキリとした良い香りを放っています。

自然に対する先人の認識感覚に敬意を表します。



  *.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.



10月にスタートしたモーニングサービスに続き、

11月よりランチタイムのお持ち帰りをご用意させて頂いています。


メニューはミューズリィカレーとラタトゥイユの2種類。

共にご飯の上にそれぞれをのせた丼仕立て。日替わりのハーブティー付きです。


ヘルシーランチとして女性の方のご利用が多いです。

入口の外に並べることで、

今までコルンボードの存在すら気付かれていなかった方々にもアピール出来ているようで、

ちょっと気をよくしています。


これからは北風も吹く季節。

お客様に暫しの暖とお弁当が冷めないように店内に売り場を移すことに致しましょう。



by Takako






web拍手

テーマ : 日用品・生活雑貨 - ジャンル : ライフ

コルンボード便り Oct 2015 

2015.10.27


秋の七草。

私の記憶に残るのは「すすき、かるかや、おみなえし、ききょう、なでしこ、ふじばかま」。

韻を踏むように語呂で覚えていましたが、今数えてみれば六草。一草足りません。

困った時のWikipedia様にて早速検索してみました。

「萩、桔梗、葛、藤袴、女郎花、尾花、撫子」にて七草。

実に風情のある草花たちです。

成長する過程でそれぞれが自生する様子を目にしていただけに、

ひとつづつに寄せる思いも懐かしさと共に蘇ります。


七草の中には含まれませんが「吾亦紅(われもこう)」も大好きな秋の花のひとつです。

秋空のもと赤とんぼが飛び交う草地、私にとっての原風景です。

今都心でこれらの花を調達出来るのは茶道用のお茶花を扱っているようなお店ぐらいでしょうか。

高価な代償で求めるものではないと思う私の「秋の花々」。

kb_235.jpg

水引草、不如帰、秋薔薇、菊芋もどき、鶏頭、名前もしらない花とイネ科植物の細い葉っぱ。

ステキでしょ!



  *.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.



10月第二週目の5日スタートで、コルンボードのイートインでモーニングを始めました。

随分と以前から念頭にはあったもののなかなか実現に至らずおりました。

自家製パンもそれなりにこなせる様になり、

冬に向かってのプロローグとして皆様に認知して頂ければ、

北風の吹く頃には暖を求めてソクッと入店して頂けるのではと期待しています。


合わせて朝食に向くピボット輸入の食材をトレイの中に組みいれ、

商品自体の紹介も兼ねてサーブしています。

皆様に好評のフルーツシュガー使用の手作りジャムもフルーツのバラエティをもって、

毎回同じでないお味を楽しんで頂きます。

靖国神社で毎朝ラジオ体操に参加される方にあわせ6時45分に開店。

kb_236.jpg

モーニングセットをご用意してお待ちしています。

是非お立ち寄り下さい。(モーニングサービスは10時までご利用頂けます。)



by Takako



web拍手

テーマ : 樹木・花木 - ジャンル : 趣味・実用

コルンボード便り Sep 2015 

2015.09.16


コルンボードの鉢に移植したジンジャー、

3年近くが経過して一枝の先端にやっと花芽を見つけました。

まだかまだかと待つこと一月余り、

やっと最初の開花を見たのが8月末のことでした。

kb_233.jpg

その膨らんだ花芽の中には更に7個ほど花芽が収められていました。

花の命は短く二日位で萎れてしまいます。

短い花の命を嘆いていたところ

萎れた花と同じ花芽から次の蕾が顔を覗かせてくるのです。


コルンボードのフロントに置けるのも一週間くらいの短期間と

残念な思いを持っていましたが、然に非ず、

代る代るに開く白く美しく絹のように薄い花弁とよい香りに

心なごむ思いを継続させてもらっています。


甘い蜜もあるのでしょう。

1.5mほどの高い位置に咲く花に沢山のアリが行き来しています。

花の咲き方ひとつにしても自然の不思議を感じます。

東南アジア原産のショウガ科の植物、

通称「ジンジャー」と呼ばれますが、英語では「ジンジャーリリー」、

「花縮砂/ハナシュクシャ」が日本語の正式名とのこと。

花言葉は「あなたを信頼します」。



  *.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.



9月の第一週目に開催されたプラザスタイルさんの社内展示会に参加させて頂きました。

kb_234.jpg

ピボット・イン・ジャパンとして紹介させて頂いたのは、

弊社にてウエルネスシリーズとして展開している4商品です。

プラザスタイルさんが企画されている「インナービューティ」にも通じる商品群でもある訳で、

多数の来場者の方々にご試食・ご試飲して頂くことが出来、

お味の程もご納得頂けました。


ただ、チョコレートやクッキーなどと違い説明を必要とする商品、

如何にプロモートするかが大きな課題であることも感じました。


共に展示紹介したスイス モルガ社の「ベジタブルスープ(インスタント)」は

皆様一様に香りと味を絶賛して下さり、有難く嬉しい思いを頂戴しました。

プレス関係の来場者も多数お見えで、貴重な経験の3日間を過させて頂きました。



by Takako





web拍手

続きを読む »

テーマ : 健康食品、自然食品、サプリメント - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コルンボード便り Aug 2015 

2015.08.11


先月Yさんがお届け下さったエキナセアを生花として楽しんだ後、

ドライフラワーに仕上げコルンボードのエキナセアのキャンディーの棚の

ディスプレイとして活かしています。


そして今日、コルンボードで咲いた鉢植えのエキナセアの花に蝶蝶の訪問がありました。

開花した3輪の花に代わる代わる止まり蜜を吸っていました。

kb_230.jpg

蝶などに出会う機会もめっきり少なくなった都会の昼下がり、

北の丸公園や皇居外苑の辺りから飛んできたのでしょうか。

あまり目にしたことのない美しい蝶でした。



  *.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.



kb_231.jpg

私の大好きな花のひとつを、野原に咲いてるようにピッチャーにドサッといけました。

通称「ヒメヒマワリ」と呼ばれる黄色の花が美しいキク科の植物ですが

「キクイモモドキ」が正しい名前のようです。

花言葉は「崇拝」。

真っすぐに空に向かって伸びるからでしょうか?

あまり相応しくない思いがするのですが・・・。

なぜ「モドキ」かというと「キクイモ」は地下に塊茎をもつが「キクイモモドキ」には塊茎がないための命名のようです。



  *.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.


◎モルガ ソーヤマルト プラス◎
− ピボット・イン・ジャパンが提案する Wellness series 第五弾 −

1930年来のスイスのナチュラルフードメーカーであるモルガ社の「ソーヤマルト プラス」をご紹介いたします。

kb_232.jpg
モルガ ソーヤマルト プラス 400g
希望小売価格 \4,400(税別)


文字通り「ソーヤ」は大豆、「マルト」は麦芽。蛋白源でもある大豆を使用した麦芽調整品です。

低脂肪ココアを含みますので風味豊かに美味しくお召し上がり頂ける粗粉末状のものです。

ヨーグルトやムースのトッピングとしたり、クッキーやパン作りにもお使い頂けます。

勿論牛乳で溶けばおいしく簡易なドリンクとなります。

麦芽と蜂蜜による軽い甘さを呈しますが砂糖は使用していません。

原材料としてのナツメヤシの髄が食物繊維を、

小麦胚芽を含むミネラル豊富な個々の原料が栄養バランスを高めます。

スポーツマンの体調管理に、更には節食や減食を余儀なくされている方の間食としても最適です。

日々の継続が意識せぬうちに体調維持に繋がり、貴方の元気な毎日を招きます。

ドリンクとしては本品15〜20gを200mlのミルクに溶いてお召し上がり下さい。

冷温いずれでも美味しい一杯が得られます。

ノーマルタイプのミルクに溶いて1グラス当り 211カロリー程です。

お子様からご高齢の方まで、どなたにもお勧めできる製品です。



このブログで紹介を重ねて参りましたウエルネスシリーズも今回で5商品となり、

単体では求められないトータル的な相乗効果をお伝え出来るのではないかと期待しております。

今回のソーヤマルトプラスは新しいレセピーとなり再度輸入を計ったものです。

ご確認のためにもコルンボードをお訪ね頂きご試食をなさってみてください。

そしてご意見やご感想をお聞かせ頂ければ有り難いことでございます。

ブログを見たと仰って下さい。プレゼントを用意してお待ち致しております。



如何にして皆様の認知を頂き、ピボットらしいユニークな形で推販に結びつけるかが、私どもの大きな課題でもあります。

皆様のご理解とご協力を、更にはご助力を頂けますよう切にお願い申し上げます。





by Takako




web拍手

テーマ : 樹木・花木 - ジャンル : 趣味・実用

コルンボード便り July 2015 

2015.07.07

今年のブドウは虫が付くこともなく、

美しい緑の実の成長を見せてくれています。

もう四半世紀も昔に鉢植えで頂いたものが立派な木となり、

幹の太さは4センチ程にもなりました。

kb_226.jpg

延びた枝葉を切るのは忍びない思いにかられながら、コルンボードに飾りました。



  *.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.



いつの頃からか、知らないうちにプランターの隅にモジズリの花が咲きました。

鳥か風が運んできてくれたのでしょう。

kb_227.jpg

可憐なピンクのネジ花、

陽あたりの良い公園の芝生や空き地の草地に自生する最も身近な野生ランとのこと。

都会の片隅で夏の訪れを感じています。

百人一首におさめられた川原左大臣の一句として

「みちのくの しのぶもじずり誰ゆえに 乱れそめにし 我ならなくに」

またこれを引用して「伊勢物語」に、松尾芭蕉の「奥の細道」の中にもモジズリが詠まれているようです。。



  *.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.



kb_229.jpg

見て下さい!あざやかなピンクカラー!

今年もYさんご夫妻が届けて下さった「エキナセア」の花。

コルンボードが一気に華やぎました。

kb_228.jpg

昨年Yさんにお届け頂いたコルンボードで年を越えた鉢植えはまだ固い蕾ですが、

朝ごとに膨らみを増してくれています。



  *.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.



◆ 代表からのメッセージ ◆
-食品にかかわる仕事を始めるに至った経緯 Ⅲ-

いまや消費者の意識も高まり有機食品の位置付けは確立されてきていると考えますが、

弊社が云うところの「オーガニック」についてお伝えします。


何をおいても主体は生身の人間であり、これ即ち有機体である訳です。

それ故に体に取り入れるもの、即ち食するものは健康に資するものであることを「有機食品」と定義します。

これらの食品・食材の保管や流通過程をも含めて最大限良い状態で消費者の元に届けることを旨とします。

勿論農産物等は春夏秋冬旬なものを、即ちその産物がそれらしく栽培・成長されていることが問われることです。

自然のサイクル(例えばオーストラリアの気候風土があって初めて美味なるキーウィが実ること)に従って耕作されたかも考慮するところです。

単に農薬・科学肥料を使用していないだけでは十分ではなく、

遺伝子組み換えでないこと、更には科学と称して人工的に無理をして栽培されていないことも留意の対象です。

我々人間に対しても同様ですが、自然産品の内面に変化を与えるであろう抗生物質を使用していないことにも留意が必要です。

このことは農産物に限らず、畜産物、海産物、食の原点である第一次産業全てに共通のことなのです。


「オーガニック」の先進国であるヨーロッパ諸国、訪問を重ねる毎に、

オーガニックというカテゴリー設定の何百年も前より土壌を大切にする農法が行われていたことを痛感させられました。
これは訪問先諸国が地形的に岩盤の上に成り立っていると云うこと、

即ち長い年月をかけ岩盤の上に土が堆積されて土壌になったと云うことです。

わらを燃やして灰にすることも法律で禁止されている中、

有機に対する理解や思考を持たない農家や酪農家、

更には彼らの生産物を原料としている製造業者は皆無と言って良いと思います。

これは彼らに既存する共有意識です。

英国人が「この美しい芝生は清らかな水と長いながーい年月のなせる業だ。」と明言するように、

土壌により培われる産物は正しい方法と年月が必要ということです。

彼らはこのバックボーンを持っているのです。

言い換えれば方法と忍耐、加えて良識の成せることなのです。

これは正に子供の成長と同じく、

ただ単にある期間農薬を使用しなかった畑の作物だからオーガニックと云うことではなく、

もっとマクロにとらえ・長い目で取り組む必要があると考えます。


以上のようなことをことを踏まえてヨーロッパ諸国からの製品の導入を計っております。




web拍手

テーマ : 季節を感じる - ジャンル : ライフ

«  | HOME |  »

プロフィール

コルンボード

Author:コルンボード
ドイツ、スイス、北欧などから「こだわり」の食品を輸入し続けて35年、株式会社ピボット・イン・ジャパンの直営ショップ『KornBord(コルンボード)』のブログです。

商品の詳しい説明やおいしい食べ方、お店での出来事などをご紹介いたします♪

店舗情報
Selected Foods Shop + Eat-in "KornBord"

住所:
東京都千代田区九段南3-2-15 大塚ビル1F
TEL:
03(6268)9066
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土・日・祝日
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
スカンジナビア政府観光局
ノルウェーを知ろう!検定
アクセス数
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。