KORNBORD BLOG

東京・九段の輸入食品ショップ+イートイン『KornBord(コルンボード)』のブログ。

<<コルンボード便り 2013 Sep  | ホーム | コルンボード便り 2013 Jul>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

こもれび Vol.29 

2013.08.06

kb_175.jpg

5月にクレソンを送ってくれた函館のS氏から今度は自生する山椒の実、実山椒が届きました。

S氏らしく無造作にレジ袋に収められた様がなんともイイ。

特有の香りを持った5mmにも満たないような緑色の小粒が広げた両手いっぱいほど。



お吸い物や炊き合わせに添えられる山椒の葉はまねごとで私にもつかえるが、

さてさて実山椒は如何にして頂くか・・・。



お礼の電話で伺ったのが「佃煮」、さらに是非試して欲しいのが「ヒジキの煮付け」、

何やら独特な風味が楽しめるやに。



まずは「ちりめん山椒」にトライすることにして早速作り方をネット検索。

調理する前に山椒そのものの下ごしらえという難関があった。


緑の小粒な実を一粒ずつ房から外しながら、昔暮らしていた家の庭に山椒の木があったことを思い出した。

房状に実が付くということは、房咲きの花のはずだけど・・・私の記憶にはない。


すぐに「山椒」で検索してみると、なんと「みかん科」。

花の状態で「科」が決まるというが、これは理解に苦しむ。

さらに雌雄異株で雄花は花山椒として食用に、雌花は果実を利用するとあった。

庭にあった山椒は結実しない雄株だったのだろう。

ちなみに鰻の蒲焼に添えられるのが果皮を挽いた粉山椒とのこと。


kb_176.jpg

「房」と表現するにはあまりにも小さすぎる気がしたけれど、

Wikipediaの解説の中に「房咲き風の集合体」という言葉を見つけて納得。


集合体から一粒一粒を外しながらおもしろいことに気づいた。

全てではないものの8割方は1本の軸の先に2個の実が付いていること。

kb_177.jpg

生き物ってホント千差万別なんだなぁーと思うことしきり。

仕分けする指先は山椒の香りとアクに染まりはしたものの、

実に含まれる油分で指先が荒れなかったこともひとつの発見。


水洗いして、茹でて、水に晒して(何度か水を替えながら)・・・。

ここまで下ごしらえをすると、冷凍しておくことで何時でも調理に利用できるとのこと。

kb_178.jpg

ちりめんじゃことの相性格別の出来でした。熱燗でキュっといきたい感じです。

冷凍保存中の実山椒をつかって次はヒジキの煮付けにチャレンジの予定。楽しみです。

北方向を向いてS氏に一礼。ありがとうございました!



by Takako


関連記事
web拍手

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kornbord.blog27.fc2.com/tb.php/62-46002dbd

 | HOME | 

プロフィール

コルンボード

Author:コルンボード
ドイツ、スイス、北欧などから「こだわり」の食品を輸入し続けて35年、株式会社ピボット・イン・ジャパンの直営ショップ『KornBord(コルンボード)』のブログです。

商品の詳しい説明やおいしい食べ方、お店での出来事などをご紹介いたします♪

店舗情報
Selected Foods Shop + Eat-in "KornBord"

住所:
東京都千代田区九段南3-2-15 大塚ビル1F
TEL:
03(6268)9066
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土・日・祝日
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
スカンジナビア政府観光局
ノルウェーを知ろう!検定
アクセス数
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。